An assistant of FIFA soccer World Cup is to Lido in Omori

FIFAサッカーワールドカップが6月15日からロシアで行われ、日本は19日のコロンビア戦を初戦に大変盛り上がっています。

初戦のコロンビア戦は大迫選手の半端ないヘディングで決勝点をもぎ取り、リードイン大森のB1F休憩室も大変な盛り上がりでした。
試合早々、コロンビアチームのハンドによるPKとレッドカードでの一発退場、これは大きな勝因となりました。
あそこで相手のディフェンスがハンドをしていなくてもシュートは枠の中に入っていましたが、その後のほぼ90分、相手は10人で防戦一方でしたから、試合を優位に進めされましたね?
大迫選手の高校時代のエピソードから生まれた「大迫半端ないって」は今年の流行語になりそうです。

これで勢いのついた我が日本代表チームは26日(月)の未明、午前0時からのセネガル戦も健闘し、2-2の同点とし勝ち点1をゲット、これで1勝1分け、勝ち点4とし、決勝トーナメントへの進出が濃厚となりました。
乾選手の技術も素晴らしかったですね?また、長友選手に送った縦パスは柴崎選手のセンスが光りました。
そして、リードされた後半に交代で出場した本田選手もきっちりゴールを決めてくれてワールドカップ3大会連続のゴール・・・日本中が本田選手に懺悔をしたとニュースでは流れました。

この日のリードイン大森も翌日のお仕事を控えたお客様で賑わいました。
ロシアとの時差の関係で日本時間では夜遅くのゲームが続きます。
そんな時、リードイン大森は大変便利です。
試合終了後は終電もありませんから、そのままお泊りいただけます。

次は28日(木)のポーランド戦ですね?
是非、勝ち点3をゲットしてもらい、決勝トーナメントに進んでもらいたいものです。